エコキュートで光熱費が大幅ダウン

エコキュートは、ヒートポンプ式を採用した電気温水器です。
冷媒として、これまで一般的であったフロンではなく、
二酸化炭素を採用することで、オゾン層の破壊に繋がらない、
環境に優しい給湯器です。
エコキュートのエコにはそういった意味が込められています。
環境に優しいだけではなく、ヒートポンプ式とはとても効率がいいので、
使用する電力は少しで、大量の熱を発生させることができるのです。
ということは、光熱費も大幅にカットできるということですね。
試算によると、ガス給湯器と比べて半分以下のコストで済みます。
エコキュートでない方式の電気温水器と比べても三分の二以下のコストとなります。
これには、効率のいい方式だからというだけではなく、深夜電力を利用して沸かすから、という理由もあります。
オール電化住宅は、深夜電力が昼間電力の六分の一の電気代になるという、
時間帯割引が導入されています。
その安い深夜電力を使うので、ますます電気代が安くなるのです。
しかし、最初のイニシャルコストは、ガス設備と比べてかなり割高です。
ですから、導入に当たっては、イニシャルコストとランニングコストを比較検討する必要があります。
光熱費が半分になると考えて、何年で初期投資の元が取れるか計算してみましょう。
あまり光熱費がかからない家庭ならガスでもいいでしょうし、
光熱費がすごくかかる家庭なら、ぜひエコキュートをおススメします。