食器が好きな私

子供の頃、母親がデパートに行くたびに食器コーナーでいろいろな食器を見ているのを見た私は、いつも横でだだをこねて「ねー、おうちかえろうよ。
」と騒いでいました。
正直、どうして食器売り場にそんなに出かけるのか?子供の私には全く理解ができなかったのです。
それから時間が経ち、私も母親の娘だったんだと思うことがしばしばです。
そう、今では私が食器売り場をさまよっているんです。
大人になってわかったことがあります。
食器ってとても大切なものなのだと。
美味しいレストランで食事をおいしくいただいているとき、もちろん食事はとてもおいしいのだけれど、その食器もとても素敵で、食器がおいしさを引き立てているのだということに。
それからは私も食器にこだわりを持つようになりました。
今では、デパートだけでなく、インターネットやオークションも含めていろいろなところでお気に入りの食器を探してはコレクションしている私です。
食器っていいですよね。