ステンドグラスと作品

日本で明治時代以降にステンドグラスが伝わってきましたが、大正時代になると、洋風建築の普及とともに、一般家庭にもステンドグラスの入った家が登場するようになりました。
現在でも残っている家もあるといわれていますが、残念ながら震災などの影響によって消失してしまったところもあるといわれており、現在一部の建築物については復元されたものが存在するといわれています。
日本独自の美意識とその幅広い絵柄を愛してやまない人も多く、日本独自の発展を遂げたものとして、世界でも評価を得ています。
現在多くの人たちに人気の高いアイテムといえますが、ある有名なステンドグラス工芸家の作品は、戦災で消失したために、復元されたものだといわれています。
その作品の美しさは他に類を見ないほど繊細で可憐でありながら、力強い芸術性を持っているといわれています。
できたらその作品が設置されている大学で、テレビなどではなく直接その美しい作品を見たいと思っています。